BLOG「不可思議奇譚」
TWITTER
MYSPACE
INFOMATION
PROFILE

2012.7.7 RELEASE

不可思議/wonderboy 2nd Album
「さよなら、」

価格:2300円(tax in)
品番:LHWCD-0007
フォーマット:CD

「これが僕達の贈る、別れの言葉。」

急逝からおよそ1年。孤高のポエトリー・アーティスト「不可思議/Wonderboy」の新作と
呼ぶべき作品が完成。Yuji Otani (LHW?)、神門のトラックメイカーでも知られる
観音クリエイション、映画、TVドラマ「SPEC」のサントラに楽曲提供したEeMu (LHW?)と
Solvents and orbits (LHW?)など旧知の仲間たちや、Dotamaの作品などを手がけた
OLD MACHINEらが、「不可思議/Wonderboy」の生前の音源を再構築。
1st Album「ラブリー・ラビリンス」からの人気曲や自主制作盤でしか聞けなかった楽曲が、残されたアーティストたちによる沢山の思いと共にまったく新たな装いで生まれ変わった。誰もが「彼が生きていたら」と連想せずにはいられない、ベストアルバムにして最新作だ。

≪曲目≫

01. Pellicule (Apres Cela)
02. もしもこの世に言葉が無ければ
03. 火の鳥
04. 銀河鉄道の夜
05. 君
06. 風よ吹け
07. 偽物の街
08. 世界征服やめた
09. タマトギ
10. 暗闇が欲しい
11. ドア
12. 雨降りの金曜
13. 未知との遭遇
14. いつか来るその日のために
15. ポエトリーリーディングは鳴り止まないっ
16.シークレットトラック

詩集

寝る前に羊を数えてる
22歳
上司はまだ気付くまい
軍艦島に取り残された少年の話
歌うんならベッドで
折りたたみ式ストローを口先で引っ張る仕草ってセクシーオトナジャンー
先生、あのね
ニヒリズムーからっぽだったころの隙間に
灰色の世界
地球よ
世界を変えられると
花火
人殺しのカクテル
断片
アフガニスタンの少女の瞳に映る風景がたとえ真実だとしても
今日も死なない程度に生きような
祈り
タイム
クラゲとオーロラ
インディアンの話
朝起きると雨が降ってたんだ
夏を走る

初回限定生産のみ不可思議による未発表の詩集が封入。



【特典について】


■LHW? STORE限定特典  インスト集
(5曲)
■レコード小売店限定特典  アカペラ集 (5曲)
■WENOD限定オリジナルTシャツ付アルバム販売実施→WENOD WEB STORE
■タワレコ・HMV
限定特典  ライブ音源集 (5曲)
※予告なく内容が変更されることもありますのであらかじめご了承下さい。
※店舗により特典実施されていない場合もあります。





2011.5.4 Release

不可思議/wonderboy 1st Album
「ラブリー・ラビリンス」


価格:1,575円(tax in)
品番:LHWCD-0001
フォーマット:CD

人生の迷宮を愛してしまった男のポエトリーラップ。至極の11篇。
YouTubeにアップされた「世界征服やめた」から2年。迷わず、迷い続けるポエトリーラッパー、不可思議/wonderboyの1stAlbumがついにリリース。

銀河鉄道のレールをつくる男とそれを待つ恋人の手紙のやりとりを描く「銀河鉄道の夜」、はるか昔、南方の島々を旅する旅人が魂を研ぐ老人に出会う「タマトギ」、いつまでたっても帰って来ない友人を待ち続ける「Pellicule」など11篇を収録。2011年、ポエトリーラップの決定盤。


≪曲目/トラックメイカー≫

01.もしもこの世に言葉がなければ
Produced by Yuji Otani

02.未知との遭遇
Produced by soegi

03.銀河鉄道の夜
Produced by Yuji Otani

04.迷宮T
Produced by Paranel(LOW HIGH WHO? PRODUCTION) ,Poetry Reading by ぬくみりゑ

05.タマトギ
Produced by Young-G(stillichimiya/おみゆきCHANNEL)

06.君(能動的3年間)

07.風よ吹け
Produced by EeMu(LOW HIGH WHO? PRODUCTION)

08.偽物の街
Produced by Solvents and orbits(LOW HIGH WHO? PRODUCTION)

09.Pellicule
Produced by 観音クリエイション

10.迷宮U
Produced by Paranel(LOW HIGH WHO? PRODUCTION),Poetry Reading by ぬくみりゑ

11.いつか来るその日のために
Produced by Yuji Otani



言わずと知れたstillichimiyaのビートメイカーYoung-Gがスピリチャルかつ力強いビートで「タマトギ」を、神門のプロデュースで知られる観音クリエイションが淡く切ないピアノで「Pellicule」を、Shing02のリミックスや、haiiro de rossi、さらにはTBSドラマ「SPEC」など多彩なサウンドプロデュースで知られるEeMuが「風よ吹け」を、同じく「SPEC」にサントラを提供したSolvents and orbitsが繊細なピアノと圧倒的な展開力を駆使して「偽物の街」を、ドラマチックな旋律でトラックを組み上げ、自作曲のみでライブも行い、クラブシーンでその名を知られるsoegiが「未知との遭遇」をプロデュース。

LHW?代表で術の穴からCOASARU名義でリリースを控えるParanelも2曲を構築。

このアルバムでもっとも多い3曲を提供するYuji Otaniは先月に50枚限定でLHW?から自主製作シングルをリリースし、一晩で完売した「生きる」をプロデュースしている。透明感のある音使いと美しいメロディメイク。サンプリングをせず、すべての旋律を自ら弾き上げることで作り上げるトラックがポエトリーラップを引き立てている。

ジャケットをはじめ、すべてのアートワークをMujina:artの羽尾万里子が手がける。

ご購入はこちら。



【PV】Pellicule





【特典について】


■LHW? STORE限定特典 

SPECIAL DVD
LIVE&PV directed by Paranel

1.銀河鉄道の夜(新宿路上ライブ)
2.所信表明演説/talk about Spoken Words (「40分」新宿MARZ)
3.もしもこの世に言葉がなければ(三軒茶屋STUDIO FAMILIA)
4.暗闇が欲しい (「40分」新宿MARZ)
5.ポエトリーリーディングは鳴りやまないっ(中目黒REDBOOK /「40分」新宿MARZ)
6.生きる (「40分」新宿MARZ)
7.Pellicule (PV)

<作品内容>
不可思議/wonderboyのライブの中から、新宿駅前の路上ライブや、新宿MARZ「40分」など、YouTubeには上げきれない貴重な映像の数々を収録。LHW?代表Paranelによる、もはや“映像作品”。




2009年SSWS ( 新宿スポークンワーズスラム) チャンピオントーナメント優勝。グランドチャンピオントーナメントBEST4。YouTube にアップした楽曲が話題を呼び、『不可思議奇譚 demo.ep 』300枚以上を、手売り、WENOD店頭 、LHW? ホームページで売る。 2010年YSWS ( 横浜スポークンワーズスラム) グランドチャンピオントーナメント優勝。代々木公園で開催された野外朗読サイファーでは予選を勝ち抜き、国民的詩人・谷川俊太郎と降神とのサイファーを経験する。2011年には「俊読~shundoku7~」に出演し、再び谷川俊太郎と共演。そこで谷川俊太郎の詩をラップにした楽曲「生きる」を披露し。のちに谷川俊太郎氏本人から直接音源化の許諾を得る。
2011年3月14日自主制作シングル「生きる」を50枚限定でLHW?Storeから販売。一晩で完売する。
2011年5月4日1stAlbum「ラブリー・ラビリンス」を全国発売。同年6月23日、不慮の事故により急逝。死後なお彼の作品は多くの音楽ファンに愛され続けている。


LIVE INFO
6.24  
三軒茶屋Grapefruite Moon
6.6 高円寺 円盤
6.4 Release Live @高田馬場 軍艦島
5.7 青山OATH



DISCOGRAPHY
不可思議奇譚

生きる

ラブリー・ラビリンス

関連作品

言葉がなければ可能性はない
SpokenWords Collection 2009

別人格コアサル
COASARU


MEDIA
マガジンハウス「GINZA」5月号、掲載
HMVONLINE INTERVIEW

YOUTUBE

【LIVE】生きる


【路上ライブ】Pellicule


【LIVE】銀河鉄道の夜



2006-2012 COPY RIGHT-LOW HIGH WHO? JAPAN